老いた親と同居して、亡くなるまで介護を続けた子の相続分は、他の相続人より増えるのか、減ってしまうのか。結論から言えばどちらもあり得ます。亡くなった親の財産の維持や増加に寄与した場合には増えますし、生前に親の財産を使っていた場合は減るということです。これには、寄与分と特別受益についての理解が必要です。

寄与分とは、相続人が亡くなった方の財産の維持や増加に貢献した場合に、その金額を相続分に上乗せする制度です。

特別受益は、亡くなった方が生前、相続人に対し財産を渡していた場合に、その金額を相続分から差し引く制度です。

二人子供がいる夫婦の夫がなくなったケースで、遺産の総額が5000万円の場合で試算してみます。
同居の子に1000万円の寄与分がある場合は、まず5000万円から1000万円を引いた4000万円を法定相続分で計算します。妻2000万円、子はそれぞれ1000万円ずつになります。同居の子にその1000万円をプラスして、2000万円ということです。

同居の子に特別受益が1000万円だった場合は、5000万円に1000万円を足して6000万円とし、それを法定相続分で割ります。妻3000万円、子はそれぞれ1500万円となりますが、同居の子は1000万円を差し引いて、500万円になります。

同居の子に寄与分があるか、特別受益があるかで、相続人全員の相続する金額が変わってしまうので、シビアな争いになりがちです。