かつて、麻生総理が防衛外交委員会での民主党からの質問で、カップラーメンの値段がわからなくて叩かれたことを思い出しました。

芦部信喜を知らずに改憲を提案しようとすることはおかしいことなんでしょうか。

法律があってもなくても、実際動かしてみたらなんかおかしいな、問題が出てきたな、ということがあると、国会で法律を改正したり新設したりすると思うんですね。それは憲法も同じだと思うんですね。戦後から今まで日本国憲法でやってきたけどなんかおかしいところが出てきた。改憲論はそうやって出てきたものだと思うんです。いろいろおかしなことになっているという認識が国民の側にもある。改憲の賛否を問うアンケートの結果では、改憲の賛成票が反対票を上回る状況になっているようですし。

どうも野党は改憲の提案そのものを批判しているようです。提案しようとすることがおかしいというのはちょっとよくわかりません。提案した後に、その案を批判するのが通常です。すでに自民党は憲法改正草案を出しています。この内容について検討するべきでしょう。

改憲を試みることそのものを批判するというのなら、現行憲法に改憲の必要がないことを言うべきではないでしょうか。

今の憲法はいい部分もあるがおかしい部分もあるというのが実際のところだと思います。

予算委員会の質疑はもちろん国民の税金で運営されています。憲法クイズをやる時間はありません。野党は大事な議論から逃げないで欲しいと思います。