原則は単純承認

日本の相続は原則、亡くなった方の配偶者や子が遺産を相続するというものです。この遺産とは、不動産や預金などのプラスの財産もあれば、借金や税金などのマイナスの財産もありますが、これらは分けられることなく、亡くなってから3ヶ月が経過すれば、相続放棄や限定承認をしない限りはすべて各相続人に相続されるというのが原則になっています。これを単純承認といいます。

相続に悩む人

相続に悩むことは少なくありません

 

親や配偶者に借金があり、その方が亡くなれば原則、その借金を相続するということです。自分では借りていない借金を、法律は支払えと言うのです。もちろん同時に遺産も相続するわけですが、必ずしも遺産は借金より多いとは限りません。

借金の連帯保証までついてくる!

実質的な問題が生ずるのは、亡くなった方が借金の連帯保証人だった場合です。連帯保証人が亡くなった頃に、借金をしている主債務者がキチンと分割払いを続けていた場合は、債権者は連帯保証人に連絡を取ることはありません。また亡くなった方の相続人は亡くなった方が連帯保証人になっていることを知る術はありません。相続人は知らない間に3ヶ月の期間を経過してしまうことになります。そうなれば相続放棄や限定承認ができず、主債務者の代わりに支払わなければならない可能性があります。

おかしいと思いませんか?父親が子供の知らない間に連帯保証人になっていて、その父親が亡くなったら原則、子供がその責任を引き継ぐというのが日本の相続法です。子供が事情を知らなくても結論は変わりません。しかしはっきりそう民法に書いてあるので、この点を例え裁判で争っても勝てません。

今まで何人もの方が、同様の件で相談に来られました。事業をやっていたお父様が、取引先の会社の4000万円の融資の連帯保証人になっていることを知らずに、お父様が亡くなった際に遺産相続してしまった件では、相談者の方は最終的に自己破産を選択せざるを得ませんでした。相談者の方は自宅を手放すことになってしまいました。本当に人生が変わってしまいます。

解決できる場合もあります

また別件で、亡くなった方が会社を経営しておられて、その連帯保証として20億円の請求が来た方がいらっしゃいました。もちろん請求が来るまでそんなことは全く知らず、亡くなってから1年以上が経過していました。

そのケースでは、当事務所が詳細に事情をお聞きし、当時の状況から考えて相続放棄をする機会がなかったことなどの理由を書面にして家庭裁判所がなんとか相続放棄を認めてくれたため、事無きを得ました。しかし、必ず認められるというものではもちろんありません。

現行法では、亡くなってから3ヶ月以内に相続放棄をするか、相続の限定承認を行うというのが現実的な対処方法です。その前提として、亡くなった方に借金があるかを確認するために、早期に相続財産を調査する必要があります。