相続放棄とは、被相続人(亡くなった方)が亡くなってから原則3ヶ月以内に相続放棄する旨を家庭裁判所に申述する方法で行い、相続財産に関する権利や義務の一切を承継しないようにすることができる制度です。一般的には、承継する財産より借金などの負債の方が多い場合に選択します。相続放棄をして借金を相続しないようにしたが、生命保険金だけ受け取ってもいいのかどうか、また生命保険金を受け取って使ってしまったら相続放棄ができなくなってしまうのではないか、という質問がよくあります。

結論から言えば、相続放棄しても生命保険金を受け取れる場合があります。これは、保険金の受取人を誰に指定しているかが重要です。
受取人を相続人に指定している場合、相続放棄をしても、指定された相続人は生命保険金を受け取ることができます。生命保険金は、相続によって受け取ったわけではなく、保険契約によって受け取っているためで、相続を放棄しても保険契約に影響はありません。保険契約によって保険金を受け取った人の固有財産であって相続財産ではないので、相続放棄の影響を受けないということになります。

生命保険金を受け取って使ってしまうと、相続を単純承認(民法920条、921条)したことになり、相続放棄ができなくなってしまうのではないか、という疑問も同様に生命保険金は受け取った人の固有財産なので、それを使ったとしても相続に影響しません。

しかし、受取人が被相続人としていされている場合はアウトです。生命保険金は相続財産になってしまうので、相続放棄すると生命保険金は受け取れなくなりますし、相続放棄する前に生命保険金を受け取ってしまえば単純承認となり、相続放棄できなくなります。

(単純承認の効力)
第九百二十条  相続人は、単純承認をしたときは、無限に被相続人の権利義務を承継する。
(法定単純承認)
第九百二十一条  次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。

一  相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二  相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三  相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。